読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

white-chiwawaの日記

30代 東京都日野市在住 子育てにどっぷりの専業主婦。三人目妊娠中。

5M16W

昨日、検診でした。

もう、男児、と言われました。

もちろん、確定ではありませんけど、とのことでしたが、私がエコーで見ても、はっきり見えるほど、足の間にぴょこ、っと出てました。

 

前回の検診後札幌に行き、両親の手厚いサポートを受け、悪阻ながらも食事をとれるようになり、東京に戻って活動できる体力がつきました。

 

戻ってすぐは毎度のことながら掃除をはじめとして大変ですが、札幌滞在中によく休養したおかげで何とかなったと思います。

 

飛行機に乗ったことは医師には隠し通しました・・・。

 

安定期の間に、産後に向けていろいろ対策をとっていきたいと思います。

4M12W

今日検診でした。

胎児の首の後ろのむくみの測定があって、ドキドキしていましたが、異常なしでした。

良かった。

血液検査の結果が出て貧血ということで、お薬が出ました。

実は、妊娠前から貧血でした。ちゃんと治療しておかなければなりませんね。

 

帰省についてドクターに聞いてみると、飛行機はだめ、時間かかっても新幹線で行くように言われました。

 

調べましたが、無理です・・・。

 

新幹線は函館まででさらに札幌まで行かなきゃならないし、子供達連れて5時間も6時間も乗りっぱなし辛いです。

 

でも、帰省しないのも無理です。暑さと体調と子供達遊ばせるのが両立しません。

 

もう、内緒で飛行機で行くことにします。

 

もし子供たちがいなかったら、夫と二人で函館に一泊など旅行を兼ねて新幹線に乗るのもいいなと思いました。

 

次回の検診は四週間後、札幌から無事に帰ってきてますように。飛行機に乗った影響が出ませんように・・・。

3M10Wコープ共済申し込み

基本的に、食べたら辛い、食べなくても辛い、という悪阻生活ですが、

食の楽しみがまったくない毎日になんだかプチッと切れてしまったようで、

夕飯にとんかつとドーナツを食べるという暴挙に出てしまいました。

・・・気持ち悪くてまだ眠れないです。

 

昨日は、準備が少し進みました。

生協の共済を申し込みました。

私は普段は医療保険に入っていないので、妊娠中でも加入できるこの共済はありがたいです。

過去の妊娠出産で特に問題がなく、現在も特に治療していることはないので、例えば切迫早産で入院、となった場合に保障が受けられるはずです。

何か異常が見つかる前に、できるだけ早く、と思っていました。

 

私が行ったのはコープ高倉店ですが、前にここのパン屋さんのイートインで休憩しようとしたら、臭いがすごく気になって、オエオエうっぷ・・・。

共済カウンターはこのイートインと近いので、体調の良い時に行こうと決めていました。

 

加入プレゼントで、コープの五穀クラッカーというのをいただいたのですが、

悪阻中でも食べられたし、栄養もありそうだし、良い商品を知りました。

次店に行ったとき買いたいですが(5%割引券も届いているし・・・)、いったいいつ体調が良いのやら。

 

これくらい寝るのが遅くなると、今日はきっと体調悪いです・・・。

出産予定日2月20日

今日産婦人科で、CRLの測定から予定日が決まりました。

2月20日。

現在は9週(3か月)ということで、具合が悪くてどうしようもない毎日ですが、

幼稚園で一緒&家が近いお母さん方数名に妊娠中であることをうちあけると、

皆さん、「公園で一緒に遊ぶのだったらいつでもできるよ!私見てるから休んでて~」と協力を申し出てくださり、とても心強いです。

 

例えば、掃除や洗濯は、私ができなくても、ファミリーサポートセンターの方に来て頂いたり、お金はかかりますがスポットでダスキンなど頼むこともできます。

料理は、コンビニ弁当でも、出前でも、凌げると思います。子供達も、外食大丈夫になってきました。

食器洗いは、我が家の最強家電(?)食洗器がやってくれます。

買い物はインターネットでだいたいOKです。

札幌だとここまで「お金払って外注!」とはいかないかもしれません。やっぱり東京は都会だなあと感じます。

また夫は、自分は家事しない代わりに外注や機械化には寛容です(お金はかかるけど…それさえダメと言われたらもっと辛い)。

 

でも、保育となると外注はなかなか難しいです。今利用できる一時保育は室内だけで、それだと特に長男は体を持て余します。それに、正直手続きが面倒です。

ファミリーサポートセンターの保育も一時期利用したことはありますが、子供達はもう、大人に遊んでもらうより、お友達と遊ぶのが楽しい年頃になってきました。

だから、お友達と公園で遊んで、大人が見守っていてくれたら最高だと思うのです。

 

知り合いも誰もいない日野市にやってきて8年目、こんなふうに頼れるお友達が何人もいるようになったというのが大変な驚きで、とてもありがたいです。

 

あともう一つ、私の心境の変化?ですが、

長男長女の時は、私が悪阻でおえー!っとなっている時、夫はまるで無反応で、「なんて冷たい人!大丈夫?って声かけるとか、背中さするとか何かしなさいよ!」と思っていたのですが、

今は、なんと、なんとも思わない!

三人目の悪阻、なんかびっくりです。

 

また、家事や育児にノータッチな夫に対して、「縦のものを横にもしない、なんて気がつかない、少しは体と頭を使いなさいよ!」とイライラしっぱなしでしたが、

今はむしろ、家にいる時はゆっくり休んでリフレッシュしてね、という広い心です。

 

子供3人産むような人は何かを超越してる、すごい!と常々思っていましたが、自分も今その入り口に立っているような、期待が持てる感じです。

 

家族に感謝を

昨日は特に具合が悪かった…。3か月に入ったのかもしれません。これがあと3週間くらい続くとしたらなんかもう…と絶望していたところ、に心温まるエピソードです。

 

悪阻で魚や白いご飯が食べられないので、献立に制約が多くなりがちな今日この頃、

昨夜は、

私と長女→トマトソースのパスタ

トマトソースは好きじゃない長男→きなこもち

材料が足りなくなった夫→パスタ少々とお好み焼き

というメニューになりました。

食べている途中で座ってもいられなくなり布団へ。結果的に、そのまま就寝です…。

 

子供たちは二人で夕飯を終え、仲良く遊び、その後おもちゃを片付け、

長女は寝ている私に麦茶を運び、

長男が押し入れから布団を降ろし、

二人で協力してシーツをかけて、

寝る前のトイレもちゃんと行って、

私は子供たちの歯磨きだけして、

…寝ました!

 

夜中ふと目覚めると、夫が寝ようとしているところでした。

連絡帳に書き置きさえできなかったので、夕飯食べたか聞くと、

お好み焼きが多かったので、半分食べて残りは冷凍したと。

冷凍!未だかつてない気遣い!すごい!

 

そして起きてみると、子供達と三人で食べて放置してあった食器が、食洗器に入って洗浄完了していました。

感動!

 

というわけで、大変ありがたい一夜となりました。

今日は、もう少し具合が良いといいな…。

生活見直しプロジェクトの途中で事件発生

妊娠しました。

今日産婦人科で、7週(2か月)と言われ心拍を確認しました。

3人目です。

計画的、ではありませんでした。

予定日はまだはっきりしませんが2月の後半だと思います。

当然のように悪阻です。

においが気になり、家じゅうくさくてたまりません。

何より体が動かない…。

 

心配事は山のようにあり、なんだか素直に喜べない感じです。

 

一番はやはり、産後の心配です。

一週間ほど前実母に報告したら、予想はしていたけど、「産後はむこうの(夫の)おかあさん来てくれるんだろうね!?」と完全に冷たい…。

でも、両親の健康状態を勘案すると仕方がないです。

まだ夫の両親には言ってません。

お義母さんには、最初にぎっくり腰になったとき手伝いに来てもらいましたが、やっぱりいろいろあったみたいで、すぐ帰っちゃいました。

なにより、お義母さん自身が、「私は好きにやりたかったから、母が産後の手伝いに来たけど断ってすぐ帰したのよ、ほーっほっほ」と豪語している方なので、手伝いが必要な私の気持ちは理解されないのではないかと…。

 

 

というわけで、楽しみにしていた1年ぶりの札幌帰省の予定は白紙になってしまいました。残念。

生活見直しプロジェクト~夫とのコミュニケーション

私の生活パターン

 

その1→子供たちと一緒に21時就寝。4時とか5時に起きて、洗濯や弁当、朝食作り。インターネットで日用品の注文など。

 

これが一番理想です。

早朝からガタガタするのでたまに子供たちが目を覚ましてしまいますが、最近では眠りが深くなったのでそれほど気を使わなくて大丈夫です。

 

その2→子供たちと一緒に21時就寝。24時くらいに起きて、残っていた食器洗い、洗濯、弁当・朝食の下ごしらえ等家事をした後、本を読んだりインターネットを見たりして、4~5時くらいにもう一度寝る。7時起床。

 

これは、ちょっと眠いです。冬だと家の中が寒くて風邪を引くパターンです。

しかし大量に食器が残っていると、気になって寝ていられません。

 

 

その3→子供たちを寝かしつけた後起きだして、家事、読書、ネット、24時頃就寝。

 

子供達が3~4歳の頃は、これが一番、というか、これしかない、という状態でした。

毎晩一緒に眠らないように必死です。

朝は眠りが浅くなっており、少しの物音で目を覚ましてしまい、仕事が進みません。

寝付いてから3時間くらいは眠りが深くて目を覚まさないので、家事のゴールデンタイムでした。

 

夫は基本的には子供たちが寝てから帰宅するので、

朝ちょっと顔を合わせるだけか、帰宅した時には、

私が大慌てで食器を洗っているか、

怖い顔で野菜を刻んでいるか、

イライラしながら洗濯物を干しているか、

パソコンに向かっている、という状態でした。

夫は夫で、家にいるときは朝でも夜でもずっとスマホを見ています。

 

会話、0分。

笑顔、0分。

 

 

ということで、ノートを一冊用意して、連絡帳としました。

夫に話しかけても、基本的にスマホを見ながら生返事なので頭に入っておらず、何か頼んだとしても実行されないままで私の怒りが積み重なっていきます。

この前言った、記憶にない、の不毛な争いです。

夫だって、仕事の後のリラックスタイムに面倒なことを言われたら聞き流してしまいたいんでしょう。

また私も、嫌がるだろうな、と気を使って、時間的にも気持ち的にもギリギリ、になってから言うので余裕がなくなっていました。

 

でも、ノート作戦で、とりあえず言った言わないはなくなり、さらにちょっとしたことも実行してもらえるようになりました。例えば、

 

・子供が、おもちゃの電池がなくなったと言っているので交換してください。

・○月○日は幼稚園のお祭りなので予定をあけておいてください。

・夕飯のおかず、○○は食べ切りでお願いします。△△が余ったら冷蔵庫にお願いします。

 

こうしてコミュニケーションが改善した私たちに、新たに問題が発生するのですが、それはまだ後述。